© 高橋みずほ
短歌−蓑虫の揺れ
 
 
 
白い田
 
 
 
 

雑木の山のトンネルをくぐりぬけ田に動かぬ水のあり

雪の田に雪の畝あり畦道のうすくとけだす枯れ色となる

屋根の雪押されつつとけてゆくつららの下向く軒の下

自らを抱きつつ歩む北国の人の歩みの温さかな

とどまりてとどまりて軒に垂れた屋根雪の尖りてつらら

真四角の雪の田があり畦道の枯れ色のこり山間を分け

凍てつくように白菜並び雪の積もりに突きて 塊

山とがる尖る程の雪山に冬雲のやって来る

雪の田の赤い鳥居のある里にめぐる山の雑木の交差

雁が音はゆきおり冬枯れを抜け夕雲へ突き刺して飛ぶ

空間はやさしく土の匂うかな村の田畑や雑木の根もと

胸に風音通し立ちており 人を待つ町の角

風 つめたさに前屈む人ら にぎわいに入りてかがみつつ

店ごとの音を放ちて町の通りにすれ重なる生きてゆく人

われわれわれと相重なりてわれわれわれと群れてからまる

人の指と穴との隙間からオカリーナ確かさを捉えそこねて

シシドシとオカリーナの穴押え人の息は穴より消えつ

おうおうぉと人の音となるまでを口の形をひしげてみたり

口と舌幼子のめぐり動かす音放つまで

木の元は暖かきかな雪の丸くとけて果樹の広がり

西空にうすき夕焼け流れゆく山里に一本のこる煙突けむり

山の稜線藍を濃くして暮れる雲間にしずかにとけぬ

枯れ色の田にのこる雪くれてゆく冷たき息にひと日をしぼむ

人さびしくあるか焼き場の空の果ての空色

雪にタイヤと足の跡ふれつ凍りつく朝

田の土の凹凸にそい残る雪しろく 時をたたんで

北の吐息のつめたさを声の調べは解かしてゆきぬ

ずるずると屋根落ち軒にたれるゆきはるのしずくとなるまで の

だんだんとだんだんととけて雪稲の切り株枯れ色の立つ

線路を辿る列車の旅も夕暮れを映す川の幅の細波

 
 
 
*初出:[BLEND]第8号(2004年12月)
 
 
 
 
What's New
短歌作品
短歌評論
著書
リンク集
profile
HOME
 
 
橋みずほ歌集『ゆめの種』(沖積舎)

 
 
歌集『坂となる道』(沖積舎)
 
 
セレクション歌人『高橋みずほ集』
 
 
back next